クラビットは扁桃炎などによく使われる薬

クラビットはニューキノロンと呼ばれている抗菌薬で、扁桃炎などに効果がある治療薬です。
従来の抗菌薬と比べると抗菌力が非常に強く、いろいろな細菌などに有効的です。
病巣に移行しやすく従来の飲み薬では治療が難しい難治性感染症にも効果があります。
副作用が少なく、セフェム系の抗生物質などにアレルギーがある人も使用することが可能です。
ニューキノロンにおいて特に抗菌活性が強いので扁桃炎などの呼吸器感染症の治療に有効的です。

「レスピラトリーキノロン」として細分類することができ、抗菌スペクトルが非常に広く感染症の原因菌である肺炎球菌などに対処することができます。
ペニシリン系の抗生物質では効きにくい「肺炎マイコプラズマ」や「肺炎クラミジア」などに対し、高い有効性を示しています。
従来のタリビッドから処方が移っていて、現在国内では最も使用される治療薬の一つです。

一般的に成人の場合は「レボフロキサシン水和物」として、1回1錠を1日2~3回服用します。
感染症の種類や症状によって増減することができ、重症だったり効果が不十分な場合にはレボフロキサシン水和物として1回2錠を1日3回服用することが可能です。
尚、服用するのにいくつか注意があり、持病やアレルギーを持っている人、妊婦の人は医師に必ず伝えるようにしましょう。
現在服用している薬も医師に伝えることをおすすめします。

尚、てんかんなどのけいれん性の病気や重症筋無力症、重い心臓病の人は病状の悪化に注意しなければいけないので慎重に用いるようになります。
60歳以上やステロイド薬と併用していたり、臓器移植を受けた人の場合はアキレス腱障害などの副作用が出やすいと言われているので注意が必要です。
腎臓病の人や高齢者は副作用が出やすいので、服用する量や服用する間隔に配慮しましょう。
一般的に妊婦や小児には用いないようになっています。
クラビットに関して成人は利用することができますが、妊婦や小児の人が利用する場合必ず医師と相談することをおすすめします。

副作用が少ないので安心

クラビットは比較的副作用が少ないですが、発疹が出たり下痢が続くような場合があります。
そのような場合は早めに医師に受診することをおすすめします。
この系統の特徴として光線過敏症などを起こす傾向があり、日光にあたった皮膚が赤くなったり、酷くなると水ぶくれなどができたりするので注意が必要です。
皮膚が弱かったり長期的に服用する時はできるだけ日光を避けた方が良いでしょう。

クラビットには重い副作用はほとんど見られませんが、特異な副作用としてけいれんやアキレス腱障害などが知られています。
横紋筋融解症や不整脈などの報告もあり、これらはかなりまれな副作用になります。
薬の排泄が遅れてしまう高齢者や、腎臓の悪い人は念のために注意しましょう。

重い副作用としてショック症状やアナフィラキシーなどがあげられます。
気持ちが悪くなったり冷汗をかいたり、顔面蒼白になる人もいるでしょう。
手足の冷えやしびれ、じんま疹や全身発赤などもあります。
顔や喉などが腫れたり、息苦しくなるかもしれません。
目の前が暗くなって意識が薄れることもあるので、何かしら異常を感じたらすぐに医師に相談することをおすすめします。

また入手方法としては病院での処方以外にも、クラビットを通販サイトで買うこともできます。
個人輸入代行をしてくれる通販サイトがたくさんあるので、自分の好きな通販サイトを選択することができます。
こういった通販サイトを利用すると先発品やジェネリックなどをリーズナブルな価格で注文することができるので便利です。
キャンペーンやセット商品を購入すると、お得な価格で購入することができます。
いろいろな治療薬やサプリメントなどを取り扱っていて、短期間で入手することができるでしょう。