子供にいびきや陥没呼吸がある時は扁桃肥大の可能性も

[pic1 center]

睡眠中にうなるようないびきをすることが特徴的な睡眠時無呼吸症候群ですが、この病気は、中程度以上の肥満傾向を示す大人が発症するケースが多いといえます。
ただし、子供でもいびきをかいて、睡眠時に無呼吸をしばしば繰り返すことがあります。
肥満傾向も一因になってはいますが、子供の場合は扁桃肥大が発症に関与していることが多いようです。

扁桃とは喉の奥にあるリンパ組織のことですが、小児期には免疫機能の一部を構成しています。
大人になると扁桃腺の組織は萎縮してしまいサイズも小さくなります。
これに引き換え3-6歳頃までは身体全体の免疫機能が不完全なためにその一部を補うべく、成長しサイズも大きくなります。
子供の未発達で細い首の内部を前提にすると、少しでも炎症をきたしてはれたりすると症状が強くでる傾向があるのは、このような小児独自の事情が関係しています。

また扁桃腺は炎症を繰り返し起すことによっても、より大きくなる傾向があります。
仮に扁桃肥大の状態になっていても特段の不都合が無ければ、放置しておいてもかまいません。
扁桃肥大の程度が酷い場合には、空気の通り道の気道が十分な広さを確保することが出来なくなり、結果的に睡眠時のいびきや無呼吸などの症状をもたらすことがある訳です。
加えて扁桃肥大の影響で気道が狭いと息を吸い込むときには、胸により強い陰圧をかけて吸い込む必要があります。
子供の胸部の骨は柔らかいので、のどや胸部がぺこぺこへこむような状態になっています。

これが陥没呼吸と呼ばれるものですが、この症状が観察されるということは気道の狭窄が相当程度進行している可能性があります、就寝中にこのような苦しい呼吸状態が継続することは心臓への大きな負担になりますし、長期間に渡って放置されていると胸骨などが変形し、漏斗胸などをもたらすリスクも高くなります。
子供にいびきが見られる場合には無呼吸や陥没呼吸もないか、確認する必要があります。

陥没呼吸や漏斗胸のリスク

子供の扁桃肥大による睡眠時無呼吸症候群を放置すると、具体的にどのような負担や不具合につながるのでしょうか。
就寝中は気道が狭くなっているので呼吸がままならず無呼吸状態も間歇的に継続することで、十分な睡眠をとることができず疲労感を抱くことがあるのは、大人にも共通する症状です。
他方で成長期にある子供ならではの変化も観察されます。
睡眠不足で成長ホルモンが分泌されることが妨げられるので同年代の子供達に比べて身体が小さく、精神面でも情緒不安定でしばしば攻撃的で学習面での意欲低下や注意力も散漫になるなど、問題行動の素地が醸成される側面もあるようです。

そして就寝中の陥没呼吸は心臓に負担をかけるため心臓の血管系の病気との関連や夜尿症の発生にもつながるとみられます。
仮に深刻な病気につながらない場合でも、胸部の骨が変形し漏斗胸になるリスクは高くなります。
漏斗胸とは本来平滑であるべき、胸骨周辺の部分が漏斗のように陥没して、えぐれたよう変形している状態のことを指します。
漏斗胸になると胸壁が圧迫され、肺と心臓が負担圧迫を受けるので、肺活量も10-20%程度低下してしまいます。

肺や心臓などの循環器や呼吸器が常に圧迫を受けている状況なので、サッカーやマラソンなどの有酸素運動をおこなうとすぐに息切れするなどの症状が出ます。
心臓の周りの胸壁による圧迫が恒常化するので胸痛を訴える場合もあります。
漏斗胸を改善するには手術で変形を直すほかなく、子供にとっては大きな負担です。
尤も漏斗胸の原因は扁桃肥大だけではありませんが、治療の負担を踏まえると予防できる部分はケアするのが賢明です。

そのため扁桃肥大の子供で陥没呼吸や睡眠時無呼吸などが顕著な場合、扁桃腺の摘出を検討する場合もあるようです。