子供の看病後は必ず手洗いとうがいをして感染を予防

手洗いは風邪などの病気や食中毒、ばい菌などから身を守るためには必要不可欠なものです。
もし、しっかり手洗いを行っていない場合は、汚れた手で食事をしたり、目や鼻をこすったりすると、ばい菌やウイルスを体内に入れてしまうことになってしまいますので、手洗いをよく行いましょう。

特に子供の看護後は石鹸を使って目に見えないばい菌をよく洗い流しておくことが大切です。
風邪やインフルエンザなどの感染症の感染源のほとんどは手を介して体内に病原菌が侵入することが原因です。
子供が幼稚園や小学校などで集団生活を送っている場合は、トイレのドアノブや机など様々な場所でウイルスを拾ってきますので、ウイルスがついた手で顔を触ったり、目や鼻を触ったり、食事をすることによって、ウイルスが体内に入ってきますので要注意です。

子供が外でウイルスに感染し、自宅で療養している間は保護者は子供の看病を行うたびに、石鹸を使って手洗いをし、ウイルスを洗い流しましょう。
水で洗い流すだけでは、細菌やウイルスを洗い流すことが出来ませんので、消毒効果のある薬用石鹸を使って洗い流すようにしましょう。
手洗いは時間をかけて洗い残しがないように丁寧に洗うことが重要です。
温かすぎるお湯を使ってしまうと、皮膚の油分が奪われてしまい、手が荒れます。
手が荒れてしまうと細菌が大量に増殖しやすくなりますので、温度の高いお湯で洗わない方がよいでしょう。

手を拭くタオルは家族共有のものを使ってはいけません。
一度濡れたタオルは細菌が増殖しやすい状態になってしまうため、せっかく汚れを落としたにも関わらず、タオルを介して家族間で病原菌を感染しあうことになってしまうからです。
そのため、タオルは一人ずつ専用のタオルを使用することが大切です。
指先や手の甲、指の間は病原菌やウイルスが残りやすい場所ですので、細部まで時間をかけて丁寧に汚れを落とすようにして洗うことが大切でしょう。

自身の二次感染を防ぐためには手洗いうがいを徹底すること

子供を看病している時は、自身の二次感染を防ぐことが大切です。
看病している自身もウイルスに感染するリスクが高まってしまうからです。
そのため、子供の看病をするときはマスクを着用し、空気中のウイルスに感染しないようにしましょう。
看病後はこまめに手洗いとうがいをすることでウイルスが手から喉に運ぶことがあっても、喉への侵入を防ぐことができます。
インフルエンザやノロウイルスに感染しているときは、他の家族にもうつるのを防ぐためにも、病気の時だけ部屋を隔離しておくとよいです。
特に小さい子供や高齢者は免疫力が弱いので、うつるのを防ぐためにも、部屋は別にし、手洗いをしっかりさせることが大切です。

手洗いの正しい方法は、流水で手を濡らした後、石鹸を使い、手の甲や指先、指の間などウイルスが残りやすい部分は丁寧に汚れを洗い流していきましょう。
掌部分はよくこすり、手の甲もよくこすった後に、掌をお皿上にして、反対側の指先とつま先を掌で石鹸を泡立てるようにしてこすります。
反対側の指先と爪も同じように洗っていきます。

流水はシャワーの状態だとウイルスを洗い流す効果が高まります。
指の間は指を交差させるようにして洗うと、綺麗に汚れを落とすことが出来ます。
親指は反対の手で親指を掴み、ひねりながら洗うと汚れを綺麗に落とすことが可能です。
最後に手首も忘れずに綺麗に洗っていきます。
洗い終わったら、すすぎをしっかりとし、清潔なタオルで水気を十分に拭き取ることが大切です。

手洗いの正しい方法は家族全員で実施することによってウイルスが他の家族に運ぶことがありません。
家族全員がそれぞれ自分のタオルを持ち、清潔なタオルで手を拭くように心がけることでウイルスがうつるのを防ぐことが出来るでしょう。